シェードって?メリット・デメリットからオーダー方法までプロが解説

そもそもシェードって何?

シェードとは、コードやチェーンを操作することで、上下に開け閉めをする商品です。生地を上げ下げする昇降メカ(機械)に生地が取り付け られており、「ブラインドやロールスクリーンのような開閉をするカーテン」ともいえるでしょう。大半のカーテンショップでは、シェードを販売 しており、オーダーカーテンショップでは、カーテンと同じ生地でシェードをオーダーできる店も多くあります。

この記事では、「カーテンとシェードどっちがいいの?」「シェードってどんな種類があるの?」「どうやって注文するの?」などの疑問をお持ちの 方に、“シェード入門編”としてわかりやすく解説していきます。

シェードのメリット/デメリット

シェードには、機能面にも見た目面にも大きなメリットがあります。まず、機能面では、カーテンと異なり、「高さの調整ができる」ことです。 「直射日光が当たらない高さまで下げておく」「外からの室内が見えないところまで上げておく」など、日よけや目隠しで活躍します。

見た目面では、開けたときも閉めたときも、カーテンに比べてスッキリとした印象になります。特に、小窓や縦長の窓など、カーテンだと もたついてしまう窓でもシェ―ドならスタイリッシュな雰囲気を演出することが可能です。また、ブラインドやロールスクリーンと違って、 カーテンと同じ生地で製作することが出来るため、複数の窓がある部屋で、カーテンとシェードで統一感を出したコーディネートができる ことも大きな魅力です。

一方で、デメリットもあります。 まず、カーテンに比べて少し値段が高くなります。同じ窓のサイズだと、使用する生地の量は少なくなりますが、メカの分だけどうしても 高くなってしまいます。また、生地を上向きに折りたたんでいくので、完全に開ききった状態でも、窓の上部を一部隠してしまう「たたみ代」が できます。

設置する窓にも注意が必要です。掃出し窓で、庭やベランダへの出入りが多い窓の場合、いちいち操作が必要になり、カーテンに比べて 出入りがしづらくなるのでおススメできません。また、レース生地で作る場合、常に占めていることが多くなり、窓を開けた際に、風でバタつく ケースなどもあります。

メリット高さを調整し、日よけや目隠しがしやすい。スッキリとスタイリッシュな雰囲気を演出できる。
カーテンとコーディネートができる。
デメリットカーテンよりも少し値段が高くなる。窓の上部を一部隠してしまう。
掃出し窓の場合、出入りがしづらい。

ですので、細長い窓や小窓にはカーテンよりもシェードを、大きな掃出し窓でも、開けたり、出入りをあまりしない窓で、スタイリッシュな 雰囲気を作りたいのであればシェードを選ぶことをおすすめします。

① 生地(幕体)の枚数
シングルシェードダブルシェード
② 縫製スタイル
プレーンシェードシャープシェードバルーンシェ―ド
③ メカ(操作方法)
コード式ドラム式

① 生地(幕体)の枚数

まず、生地の枚数を決めましょう。1枚の生地で作るものをシングルシェード、前後2枚で作るものをダブルシェードと呼びます。カーテンのように、厚地生地とレース生地のダブルシェードも可能ですので、外からの視線や光を調整したい場合などは、ダブルシェードがおすすめです。取り付ける窓・使い方によって選びましょう。

② 縫製スタイルの違い

次に縫製スタイルです。ここでは基本的な3種類をピックアップします。

  • プレーンシェード:
  • 最もベーシックな縫製スタイルです。たたみ上げた際に、ヒダの重なりが 自然でやわらかい雰囲気になります。
  • シャープシェード:
  • 生地の裏側に水平にバーを縫い付けて、バーを引き上げることで、ヒダが よりシャープにすっきりとたたみみ上がります。日中外からの光がある 時間帯、薄い生地だとバーが透けますので、日中降ろした状態で使用さ れる場合は注意しましょう。
  • バルーンシェード:
  • 生地をたたみ上げる際に、丸みをもたせます。ゆったりとエレガントな 雰囲気に。薄手のレースなどでおすすめのスタイルです。

③ メカ(操作方法)

  • コード式:
  • コードを引いて直接生地を持ち上げる仕組みです。シンプルな構造でコンパクトなメカなので、小窓等におススメです。
  • ドラム式:
  • チェーンを引いて内部のギアを経由してから生地を持ち上げる仕組みです。コード式よりも軽い力で持ち上げられるので、 大きな窓にはこちらがおススメ。コード式よりも少し値段が高くなりますが、コード式に比べて、故障しづらいのもメリット。

  • コード式

    • より軽やかに操作でき、スリット窓 などの細長い窓にも最適なタイプ

  • ドラム式

    • 誰でも片手で楽に使える操作性で、 あらゆるシーンに最適なタイプ

シェードのサイズの測り方/取り付け方

窓枠の外に、正面向きに取り付ける

正面付け窓枠の外に、正面向きに取り付ける
天付け窓枠の内に上向きに取り付ける
カーテンレールに取付けもともとカーテンレールがある窓には、専用の金具で取り付けることが可能です。

それぞれの場合で、オーダーするサイズが異なりますので、注意してサイズを測りましょう。
詳しくはこちらをご確認ください。

1,000種類以上の生地から選べるシェードはジャストカーテンで

全国20店舗以上(パートナーショップ含む)とオンラインショップを展開する、オーダーカーテン専門店『ジャストカーテン』では、カーテンと同じ生地でシェードがオーダーで製作できます。選べる生地は1,000種類以上。あなたの好みの生地が必ず見つかります。

オンラインショップではサンプル生地も無料でお送りしています。購入する前に、実際に生地感や色味を確認できます。

また、お電話やメールでのお問い合わせも受け付け中です。シェードの注文方法が分からない場合や、見積もりをしたい場合など、お気軽にご連絡ください。