初心者必見!
プロが解説するオーダーカーテンの注文方法

初めてのオーダーカーテンは分からないことだらけ!?

引っ越しや家を建てた際に、「既製カーテンではなく、窓のサイズにピッタリ合ったオーダーカーテンにしたい!けれど、オーダーカーテン 買ったことないし、どうやって注文するのか?どこで買ったらいいのか」と不安を感じる方が多いと思います。 この記事では、オーダーカーテンの買い方・注文方法を、初めてオーダーカーテンを購入される方向けに解説します。

オーダーカーテンの相場やどこで買うのがお得かはこちらの記事で解説しています

基本は4ステップ!オーダーカーテンの注文方法

オーダーカーテンの注文は、4ステップを理解しましょう。

① 生地を選ぶ
② サイズを決める
③ 基本仕様を決める
④ オプションを決める

この4ステップを抑えておけば、意外にカンタンにオーダーカーテンが購入できます。

① 生地を選ぶ

まずは生地を選びましょう。色柄はもちろん、厚地カーテンであれば、遮光や防音、レースカーテンであれば、ミラー機能(外から室内を見えづらくする)やUVカット機能など様々な機能が付いた生地もありますので、どのような生地が必要なのか事前にイメージしておくとスムースです。

また、気になる価格ですが、オーダーカーテンの場合、生地を選んだだけでは決まりません。まず、オーダーするサイズによって価格が変わる上に、基本仕様やオプションによっても変動します。ですので、いくつか候補の生地を選んでおいて、ステップ4まで決まって価格が分かってから、最終的に生地を決めることをお勧めします。

一方で、均一価格でオーダーカーテンを販売している店もあります。どの生地を選んでも価格は同じ。サイズも幅200cm、高さ240cmまでは価格が変わらないのでわかりやすいのでおすすめです。

② サイズを決める

生地を決めたら、窓のサイズを測って、オーダーサイズを決めましょう。窓にピッタリのサイズで作れることが最大の特徴ですので、大事なステップです。サイズを測る方法は大きく2つあります。
●自分で測る
●プロに測ってもらう
窓数が少ない場合や、すでにカーテンレールが取り付けられている場合などは、ご自分で測ることが出来ます。意外とカンタンに測ることができます。こちらからサイズの測り方を確認してください。

ここでのポイントは、測ったサイズとオーダーするサイズは異なるということです。特に通販サイトで購入する場合などは注意が必要です。


新築でカーテンレールが付いていない場合や、窓数が多い場合は、プロに依頼しましょう。どのお店でもたいていは「採寸サービス」を実施 していますので、お店で問い合わせてください。有料の場合がほとんどですが、サイズを測るだけでなく、取り付け箇所の壁の状況や、 オーダーサイズの計算まで行ってくれるので安心です。 全国にお店があるジャストカーテンでは自社スタッフによる採寸サービスを行っています。詳しくは各店にお問い合わせください。

③ 基本仕様を決める

生地とサイズが決まれば、あと少しです。基本仕様を決めましょう。項目は次の3つです。

ヒダヒダの形状を決めます。大きくは「2倍ヒダ」「1.5倍ヒダ」「フラット」の3パターンです。 詳しくはこちら
選ぶヒダ形状によって、価格が変わりますので確認しながらお選びください。
開き方両開き(左右の2枚セットになります)、片開き(左右どちらに開くかも決める)のどちらかを選びます。
幅広い窓であれば両開きにすることがほとんどです。
フックAフックとBフックの2種類から選びます。

④ オプションを決める

いよいよ最後のステップです。様々なオプションがあるのもオーダーカーテンの特長です。ここでは代表的なオプションについて説明します。

裏地つきカーテンのウェーブに形状記憶加工を施し、裾部分のウェーブをすっきりと美しく収める加工です。 洗濯をしてもウェーブが取れずらくなります。オーダーならではの美しさが表現されます。
形状記憶両開き(左右の2枚セットになります)、片開き(左右どちらに開くかも決める)のどちらかを選びます。
幅広い窓であれば両開きにすることがほとんどです。
リターン厚地カーテンの両端を少し長く縫製し、端のフックをレース用のレールにかけられるようにする加工です。 光漏れを防いだり、外気の流入を防ぎ省エネ効果を期待できます。

裏地つき

形状記憶

リターン

ジャストカーテンのオプション一覧はこちら

以上が、オーダーカーテンのオーダー方法です。

ジャストカーテン オンラインショップでは、メール/電話でのお問い合わせも受け付け中です。 オーダーの際に分からないこと、決められないことがあれば、プロのスタッフまで是非お問い合わせください。