ジャカード特集

厚みがあり高級感がある、ジャカード生地のコレクション。
糸を複雑に織り込むことで、自在に表現される様々な柄のバリエーション。
写実的な柄から、幾何学柄まで豊富なラインナップを、一窓¥5,000~の均一価格で。

◆ジャカードとは

生地の織り方の名称。
フランスの発明家ジョゼフ・マリー・ジャカールが開発した「ジャカード織機」で作られることから「ジャカード織り」と呼ばれるようになりました。 縦糸と緯糸を緻密に上下させることで、立体的で複雑な紋様を表現する織り方です。

  • コンクリートの肌を表現したようなマテリアル感のある柄を大変繊細なジャカード織で表現しています。抽象絵画のようなニュアンスがありとてもモダンな印象です。重厚感がありながら落ち着いた色合いです。
    全3色

  • 大きな網目や波のラインを連想させるモダンな柄をジャガード織で表現したトルコ製の生地です。柄のカスレやグランドの模様が凝っていますが全体の印象はシンプルで落ち着いた印象です。
    全5色。

  • 19世紀のゴシックリヴァイバルの雰囲気を思わせるとても豪華でクラッシックな色柄をジャガード織で表現しました。とても個性的な柄ですがモチーフの形は自然に忠実で品格があります。お部屋に華やかさと落ち着いた品の良さをプラスします。

  • 太いストライプで区切られたボーダーにアラベスクで表現された草花が伸びていきます。境界に注目しますとチロリアンテープの様な文様が表現され豊かな世界観を表しています。
    全2色。

  • クラシックな紋様が非常に繊細に織で表現されており、ベースと紋様が近い色味のため、シンプルで使いやすいクラシックテイストの生地です。紋様の縁取りに光沢感のある糸が使われているため、高級感も感じさせる1枚です。
    全5色。